秋田県秋田市にある
【絵とハンコと紙小物】のアトリエショップです。

贈る・飾るをつくるひとときは、
だれかのことを想うゆたかなじかん。

気ままにアトリエでの物語をつづっていきます。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 来週は11日からopen。 | main | チーズケーキを食べながら。 >>
椅子を修理すること。

こんばんは。

 

定休日と二日間のお休みありがとうございました。

おかけげさまで、少し休むことができました!

明日11日からマペジュopenです。(13:30〜18:00)

 

今日はちょこっと、修理してもらって嬉しかったことを綴ります。

 

 

昨年の冬、秋田で独立をした 椅子の修理やさん。

 

「ISUKA」さん。

ISUKAさんが修業先で出会った人に描いてもらった絵を

リーフレットとお名刺にのせて

デザインのお仕事をさせていただきました。

 

「椅子・ソファ 張り替え・修理」

 

技術が無ければ出来ないお仕事。

そして技術を身につけるためには、修行と

色んな経験と積み重ねた時間が必要なんだろうなと思います。

 

リーフレットの裏に「ISUKA」さんの経歴載っているので

見つけたらご覧くださいね。

 

さて、そんなご縁で 早速 私の椅子を修理してもらいました!

 

高校のとき、木材工芸コースだった私。

だけれど、もう卒業してから大分経って、続けてこなかったから

記憶や仕組みは覚えていても

何にも出来ないに等しい状態に。

 

そう、続けているか 続けていないか で

出来るか 出来ないか に繋がるのですね…。

 

治したくても、上手に治せなかった 卒業制作でつくった家具。

「ドレッサー」

アバンギャルド?なデザインで今思えばよく

恩師はこのデザインをつくって良いよと認めてくれたなぁと

なってしまう家具。

 

ただ、その代わりバランスも不安定で

それでも18年くらい使い続けてて、

この頃はグラグラで空気椅子で使っていました。

(一回自分で治したけれどうまくいかず‥苦笑)

 

そこで、修理をお願いしました。

 

ピタっとする安定感が久しぶりで座るのが嬉しい時間です。

iPhoneImage.png

↑手前の2本がグラグラだったのが スッとピタッと。 

iPhoneImage.png

↑生活感溢れてますがこんな感じでつかっています。

 

やっぱり愛着のある家具がずっと使うことが出来るのは

嬉しいです。

 

ーーー

家具は人に寄り添うモノ。

簡単に組み立てて、ネジまわしてと出来てしまう時代。

 

そんな時代も便利だけれど、個人的には

一つ、一つ、木を切り出して 加工して 専用の道具で

コンコンしたり、シュッとしたり、なでて磨いたり

そんな風にしてつくられる家具を大切に

次の時代や次に使う人たちに繋いでいけたら

素敵だなと思うのです。

 

ソファだって、布が擦り切れたり、凹んで来たりしても

なおして使うことができたり。

 

買い替えるのではなく、治すという選択。

 

愛着のあるもの、もう今はないカタチ、

長年の木のツヤや その時代のデザイン。

また思い出や記憶とともに大切にして

のこしてつないでいけたら きっと心が豊かになりそうです。

 

どうぞ、お家に壊れて眠っている椅子、

あきらめかけていたソファ、など

椅子の張り替えや修理のご希望があったら

ぜひ「ISUKA」さんへどうぞ。

 

マペジュにリーフレットあります。

ご相談くださいね(伝言係できます。)

ーーー

 

そんな 椅子を修理してもらった お話でした。

 

今度は、どんな お仕事とご縁のお話をしましょうね。

またピョコリと綴ってみます。

 

それでは、今日もおつかれさまでした。

お休みなさい。

 

 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://mapeige.jugem.jp/trackback/1777
TRACKBACK