秋田県秋田市にある
花模様作家がつくる【絵とハンコと紙小物】のアトリエショップです。

贈る・飾るをつくるひとときは、
だれかのことを想うゆたかなじかん。

気ままにアトリエでの物語をつづっていきます。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 暑さを煮込んで焼いて。 | main | 9月のマペジュ。 >>
想いを添えるラベルデザイン。

今日は曇り。涼しい風が窓からそよいできます。

8月もありがとうございました。明日から9月ですね。

きっと夏の疲れも出てくるころ、カフェやお家でゆっくりとお茶をできると

嬉しいですね。

 

さて、そんな秋の始まり、

ご依頼いただいていた素敵なお仕事が先日お披露目となりました。

 

9月に9周年を迎えるカフェエピス様より、

オリジナルドリップパックとハーブティーに添えるラベルデザインを

ご依頼いただきました。

いつもお世話になっているエピスさん。

9周年を迎えるにあたって

お家でも、エピスでの時間やお茶の時間や贈り物を楽しんでもらえたらと

オリジナルのドリップパックの商品をつくることにしたと聞いて

わー!とっても素敵だなと思いました。

 

そして完成したものがこちらです。

(左が珈琲、右がハーブティー)

 

味のあるものに添えるデザインは

味と記憶とイメージが一緒になって、その場所での思い出やお店の想いが

寄り添っていたらいいなと思うのです。

味については人それぞれ味覚が違うので、これが正解!というものは

ないですが、今感じる感覚を大切にしつつ形に変えていきました。

 

珈琲はお店で人気のある石田珈琲さんによる「川反ブレンド」

 

エピスさんの店内の窓辺で、

蔦が風にそよそよゆれているのを眺めながら、

川で鴨さんや鯉さんが水面をつくりながら泳いでいる風景、

そして目の前にある一杯の珈琲…。ひと息つく少し特別な日常の風景。

 

お味は少しドッシリしていて、ふーっと一呼吸おきたい時や

朝の始まりに飲みたいお味です。

(私の感じている味覚のイメージ。)

 

ハーブティーは

ハーバルカフェプラーナさんによる「エピスブレンド」

 

お花とスパイスが一緒にお湯の中でふわふわとそよいで、

ほんわりと色づいていく…それを眺めながら少しぽんやりとひと休み風景。

 

ブレンド候補のハーブティーをエピスさんと一緒に味見させていただきました。

リラックスとスパイスの要素が一緒になっていて、

ほんわりとしつつポカポカしてしっかりとしていて

普段のお食事後や寝る前の1日の振り返りの時にも飲みたい

そんな柔らかで芯のあるお味です。

(私の感じている味覚のイメージ。)

 

そんな二つのブレンドのイメージを絵におこし、

そのイメージに似合うカラーリングやサイズ感をエピスさんと

探しながらカタチへと変えていきました。

 

ここは私だけの想いですが、絵には少しの空白を持たせていて、

パックを開けてお湯を注いで飲む人たちの時間やその日が小さな思い出に

なったらいいなと空気のような間をと小さな空白を添えています。

エピスさんとお客様たちを繋ぐドリップパック。

店主さんのあたたかな想いが一枚一枚貼る度に添えられて、

封を開ける方達のそれぞれのその時の想いが味と時間に添えられて、

日々の中の楽しみになったらいいなと感じます。

 

これからの贈り物のひとつにお選びいただけたら嬉しいです。

私も色々と組み合わせてみようと思います。

 

エピスさん素敵なお仕事をありがとうございました!

少し早いけれど9周年おめでとうございます!

 

ーーーーー

今日は早速珈琲を。

なんとなく急須にお湯を入れて注ぎました。

お味も美味しい。

今度はハーブティーをお家で飲んでみよう。

 

エピスさんにお立ち寄りの際は、ぜひ。

焼き菓子とセットで贈り物にしても素敵ですね。

9月の始まりが心地よい始まりになりますように。

 

スポンサーサイト
COMMENT